So-net無料ブログ作成
検索選択

美しの水 鎌田の親子 [舞台]

「美しの水」が終演致しまして17日が過ぎました。
改めまして、ご来場頂きました皆様、応援して頂きました皆様、心より感謝いたします。
どうもありがとうございました。

そろそろ解禁にしようかと思うので…。

その「美しの水 White」で常磐様が我が殿・義朝様に言う言葉で
「正清様がぼやいていました。 義朝様は子に甘いって…。」
という件がありまして…、でも…、実は…

子に甘いのは我が殿・義朝ではなくて正清です!
正近(舞台上の息子)にも甘けりゃ、悠馬(実の息子)にも甘い。

こんな写真撮ってました。

oyako.jpg

すいません!

実はこれ、千秋楽の記念に。
衣裳の雲出三緒ちゃんが「須間さんが衣裳を着けてるときに、チビちゃんが遊びに来てたら正近の衣裳を羽織らせて一緒に写真撮ればいいのに!」と言ってくれたんです。
でもって、お言葉に甘えまして・・・撮っちゃいました。

イメージは正近が生まれすぐの感じです。
背景は考えないで下さい。
あ、どっちにしろ平安末期には写真なんかありゃしないか。

「美しの水」稽古場から公演中は家に帰るとチビ助を見て、正近(徳ちゃ
ん)の小さい頃のようだと自然と思ってまして…。
で、楽屋では悠馬が大きくなると(徳ちゃんを見て)こうなっちゃうのか…と。

何か両方がダブっちゃって。

でもこれ、自分のお宝写真になりました。
実は他にも門外不出親子写真があるんですけどね…。

戦が起こる前の幸せな時の写真です。

楽屋では皆さんに沢山可愛がっていただきました。
本当に幸せな子です。

ありがとうございます。

知らないうちに [舞台]

2011080720410001.jpg

ANDENDLESS15周年記念公演
美しの水 White Red Blue も残すところ、あと3日 となってしまいました。
7月20日に一同に会し始まりまして今日まで44日。
名残惜しさはあるものの悔いはありません。

我が殿、義朝も「感傷に浸ってる場合じゃない。負け戦はしないぞ!」と申しております。

我等源家郎党も最期の最後まで負けるつもりはありません。

さて、我が家のチビ助ですが、稽古から本番が始まり毎日朝会ったら次に見るのは寝顔です。
知らないうちに随分と出来るようになった事が増えてるものです。
その成長の早さにはホント驚かされます。

なかでも、ビックリさせられたのがコレ(写真)。

朝いつものように「じゃ、行ってきまぁーす!」と声をかけると家人が「はい、お見送りして。刀持って。」と体温計を渡しました。で、私にもう一回、行って来ます言ってと…。

「行ってきます!」

すると…。
ソファーに立っていたチビ助がしゃがみ込み控えて「わーっ!」っと。
「ハーッ!」ではなくて「わーっ!」っと。

ビックリです!

殿に控える郎党の姿を家人が観て教えたようです。

家人は、「やったね!大成功だね。偉い!偉い!本番強いね!」とベタ褒めですが…。
きちんと写真のような形になるのは10回に1回位だそうで、あとはベチッと潰れてしまうんだとか…。

そんなチビ助のおかげで離れる事の楽しみもあるような…。

ともかく9月4日まで全力疾走です。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。